海外のATMのデビットカードの使い方

2016年9月25日

海外のATMでもデビットカードを利用して、必要なだけ現地通貨を引き出すことが可能です。ただし、デビットカードでも国内での利用にしか対応できないものもありますので注意してください。海外での利用ができるか確認するには、券面に国際ブランドのマークが入っていれば、利用することができます。世界共通の決済システムが使える証明になりますので安心です。国際ブランドによっては、設置されていないことがありますので、可能であれば、違う国際ブランドがついたデビットカードを2枚ほど用意した方が便利な場合があります。

使い方としては、手持ちのデビットカードのサイトや、VISAデビットカード比較ブランドのクレジットカードのサイトに海外のATMの使用説明等の豆知識が記載されていますので、確認をするといいでしょう。場合によっては、印刷して携行できるようになっていますので、渡航先に一緒に持って行くのもおすすめです。引き出す金額によって、利用手数料が変わることがありますし、一回に引き出せる額が決められていることもありますので注意してください。

渡航前の準備としては、預金口座に十分な資金を用意するようにしましょう。デビットカードの中には、お金を引き出した時に不足分がある場合は、当座貸越をして立て替え払いができるようになっているものもありますが、まだ一部にとどまります。また、デビットカードによっては、犯罪防止の観点から、海外のATMでの使用を許可しないように初期設定をされているものもあります。事前に預金口座の専用サイトを確認して、設定の確認と修正を忘れないようにしてください。

コメントはまだありません

コメントは停止中です。