モビットの申込で他社借入があるとき

2016年10月25日

モビットは口コミなどでも人気のある大手消費者金融で、三井住友銀行グループの傘下にあることから安心度も高く、多くのかたが利用しています。

モビットは正社員に限らずパートをしている主婦のかたや、アルバイトをしている学生など収入があれば誰でも申込ができます。
ただし、消費者金融なので総量規制の対象になるため、申込条件は20歳以上65歳以下の安定した収入があるかたとなっているので、収入のない専業主婦は残念ながら利用できません。
また、申込には審査が有るので申込条件を満たしていても、審査によっては利用できない場合もあります。

キャッシングは「お金を貸しても返してもらえるかどうか」の判断が重要になるので、審査では特にこの点を重要視しています。
モビットの審査は銀行ほど厳しくはありませんが、申込書に記入した内容と信用情報機関の個人情報をもとにスコアリングシステムでそれぞれの項目に点数を付けていき、申込者に返済できるだけの能力があるかどうかを判断します。

返済能力が有るかどうかの判断で重要なのは勤続年数で、勤続年数が長ければ安定した収入を得ていると判断されるので審査に通る可能性が高くなりますが、勤続年収が短いと審査に通る可能性が低くなるといえます。

また、信用情報機関の個人情報では他社借入状況や利用履歴などが重要になります。
他社での借入れが4社以上ある場合や、借入金額が年収の3分の1近ければ審査に通るのはむつかしくなるので、できれば借入件数を減らしたり借入残高を減らしてから申込みをしましょう。

コメントはまだありません

コメントは停止中です。